こんにちは!

土屋 広夢(ツチヤ ヒロム)です


Instagramでもトレーニングに関する発信もしているので、フォローお願い致します。
⬇︎⬇︎⬇︎




今回はフィジークにおいて重きを置かれているアウトラインについてお話していきたいと思います。

フィジーク競技者としては未熟者の私の考察になるので参考程度に見てください🙇‍♂️





☑️本記事の内容
  1. アウトラインとは?
  2. アウトラインが重要では無い理由
  3. フロントポーズを極めよう



フィジークにおいてのアウトラインの重要性とは?







①アウトラインとは??



アウトラインについてネットや各団体のページを見ましたが、明確な表現はされていませんでした。


そこで、JBBFのトップ選手である寺島遼選手の言葉を引用させていただきます。




アウトラインとは?



「身体を黒く塗った外枠」


と表現されていました。



言葉の通り、アウト(外)ライン(線)という事ですね。



特にフィジークではVシェイプ・Tシェイプ(逆三角形)の美しさが競われる競技である事が知られています。




では、「身体を黒く塗った外枠」であるアウトラインが勝つ為に重要で無い理由をお話していきます。











②アウトラインが重要で無い理由




先ほどアウトラインの定義を明確にしました。


「身体を黒く塗った外側」




身体を黒く塗った際にアウトラインを構成する要素は何でしょうか?




アウトラインを構成する要素


  1. 広背筋の広がり
  2. 肩の張り出し(三角筋中部)
  3. 細いウエスト

この3つが上がると思います。


アウトラインを構成する要素とは?





③のウエストに関しては骨格的に変える事の出来ない事なので置いておきます。




①②に共通して言えることは何でしょうか?



フロントポーズの際にあまり見えない



①の広背筋の広がりに関しては主に評価されるのはバックポーズの時ですよね?




②の肩の張り出し(三角筋中部)に関してはフロントポーズの際にも見えていますが、メインは三角筋前部ですよね?




①②に関して発達している事は望ましいですが、そこだけにとらわれすぎるとフィジークでは勝てません。



何故なら

ポージングのほとんどはフロントポーズ

であるからです。







③フロントポーズを極めよう



先ほどポージングのほとんどはフロントポーズであると言いました。

現にFWJ(NPCJ)の大会を見ていただくとわかる通り


フロントポーズ7割

バックポーズ3割


ぐらいの時間だと思います。


(JBBFはクウォーターターンで4ポーズですが基本フロントポーズの時間が長いです)





フィジーク人気が原因?!



フィジーク競技が非常に人気になり参加人数もかなり多くなってきました。



参加人数が多くなると、ジャッジ(審査員)が1人を見る時間が少なくなります。



という事は、基本のフロントポーズで印象を残せない選手はバックポーズを見られる前に弾かれて終わりですww













フィジークでファーストコールor決勝に残るには


  1. 大胸筋~三角筋前部の繋がり
  2. ミッドセクション(腹筋)の強さ
  3. しっかり絞っている

この3点が重要だと思います。




当たり前の事だと皆さん知っていると思いますが、アウトラインに捉われすぎな人が多い事も事実です🤔





決してアウトラインが要らないという事では無いので、まずはアウトラインよりフロントを鍛えるべき!っていう事ですね🙆‍♂️




よく、背中の広がりが....とか、肩の張り出しが....という言葉を聞くので記事にしました。



そして去年の私がそうでした....



まさに背中の広がりと肩の張り出しばかり求めて


上背部や三角筋中部のトレーニングばかり行っていました。



脂肪が乗っている時は気にしていませんでしたが、三角筋前部の薄っぺらさに泣きました。笑笑



コンテスト前の身体のコンディション





そして、FWJ(NPCJ)の堺部さんにもミッドセクションの重要性を痛いほど言われました。



こんな私の戯言ですが、



これから競技に参加する方の参考になれば幸いです。




(胸トレ)



(腹筋)




(肩トレ)






最後までありがとうございます😊



もし良ければ下の読者登録ボタン(LINEで更新通知を受け取る)を押して下さい🙇‍♂️
記事更新の励みになります👌